スカイネットアジア航空9月中間決算、全路線好調で大幅な増収増益

航空 企業動向

スカイネットアジア航空9月中間決算、全路線好調で大幅な増収増益
  • スカイネットアジア航空9月中間決算、全路線好調で大幅な増収増益
スカイネットアジア航空が発表した2012年9月中間決算によると、営業利益は前年同期の約5倍の11億3400万円と大幅増益となった。

期中の搭乗者数は同20.0%増の66万8329人と好調だった。東京線、沖縄線ともに全路線が前年を大幅に上回った。搭乗率は66.5%で、前年同期と比べて4.1ポイントアップした。この結果、営業収入は同6.5%増の151億8100万円と増収だった。

収益は原油価格高止まりに伴う航空燃料費増にもかかわらず、航空機材整備関連のコスト節減が奏功、経常利益は8億7100万円(前年同期=5500万円)、純利益が8億4200万円(同=3400万円)と大幅な増益となった。

下期は、ボーイング737-800型機への更新を進め、現行の中期経営計画の着実な実行と仕上げに努めるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集