【ジャカルタモーターショー12】パワーソース刷新で性能強化したCR-Zをメインに…ホンダ[動画]

自動車 ニューモデル モーターショー
ホンダ CR-Z マイナーチェンジモデル(2012年ジャカルタモーターショー)
  • ホンダ CR-Z マイナーチェンジモデル(2012年ジャカルタモーターショー)
  • ホンダ CR-Z マイナーチェンジモデル(2012年ジャカルタモーターショー)
  • ホンダ CR-Z マイナーチェンジモデル(2012年ジャカルタモーターショー)
  • マイナーチェンジしたホンダ・CR-Z
  • マイナーチェンジしたホンダ・CR-Z
  • マイナーチェンジしたホンダ・CR-Z
ホンダは、ジャカルタモーターショーで新世代モデルを世界初公開した『CR-Z』を前面に押し出した。

第二世代のCR-Zにおけるもっとも大きな変化は、従来搭載していたニッケル水素をリチウムイオン電池に変更。これによりモーターの出力が10kWから15kWに高まった。出力のアップにより走行モードに「スポーツプラス」モードを追加。

パワーアップと同時に燃費も向上。JC08モードで22.8km/リットル(CVT車)から23km/リットルに引き上げた。

このほか『CR-V』『フリード』『オデッセイ』『アコード』などを出展。カテゴリーの異なるさまざまな車を所狭しと並べることで、ラインナップの広さをアピールした。

《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

特集