【ジャカルタモーターショー12】ミラージュたくさん、三菱ブース[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
三菱自動車ブース(2012年ジャカルタモーターショー)
  • 三菱自動車ブース(2012年ジャカルタモーターショー)
  • 三菱自動車ブース(2012年ジャカルタモーターショー)
  • 三菱自動車ブース(2012年ジャカルタモーターショー)
  • 三菱自動車ブース(2012年ジャカルタモーターショー)
  • 三菱自動車ブース(2012年ジャカルタモーターショー)
  • 三菱自動車ブース(2012年ジャカルタモーターショー)
  • 三菱自動車ブース(2012年ジャカルタモーターショー)
  • 三菱自動車ブース(2012年ジャカルタモーターショー)
三菱自動車は、ジャカルタモーターショー12で『ミラージュ』を中心に訴求。インドネシアでの低価格コンパクトカー競争に意欲を示した。

同社がグローバルコンパクトとして戦略的に拡販を図るモデルであり、ASEANでも随一の規模を持つインドネシア市場に対し、ミラージュを前面に押し出すことは必然とも言える。

同社の益子修社長はプレゼンテーションで「ミラージュはグローバルに拡販していくクルマです。三菱自動車にとってインドネシアは大変重要な市場。サプライヤーや現地販売ディーラーとともに成長していくことを臨んでいます」と述べた。

インドネシア仕様のミラージュは日本向けとは異なり排気量1.2リットルの3気筒MIVECエンジン(3A92)を搭載。77PS/10.2kgmのスペックを持つ。トランスミッションはCVTまたは5MTだ。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集