【ジャカルタモーターショー12】リチウム電池搭載で動力性能向上…ホンダ CR-Z 改良新型[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

ホンダ CR-Z マイナーチェンジモデル(2012年ジャカルタモーターショー)
  • ホンダ CR-Z マイナーチェンジモデル(2012年ジャカルタモーターショー)
  • ホンダ CR-Z マイナーチェンジモデル(2012年ジャカルタモーターショー)
  • ホンダ CR-Z マイナーチェンジモデル(2012年ジャカルタモーターショー)
  • ホンダ CR-Z マイナーチェンジモデル(2012年ジャカルタモーターショー)
  • ホンダ CR-Z マイナーチェンジモデル(2012年ジャカルタモーターショー)
  • ホンダ CR-Z マイナーチェンジモデル(2012年ジャカルタモーターショー)
  • ホンダ CR-Z マイナーチェンジモデル(2012年ジャカルタモーターショー)
  • ホンダ CR-Z マイナーチェンジモデル(2012年ジャカルタモーターショー)
ホンダはジャカルタモーターショー12においてマイナーチェンジを行なった第二世代の『CR-Z』を世界で初めて公開した。

第二世代のCR-Zにおけるもっとも大きな変化は、従来搭載していたニッケル水素をリチウムイオン電池に変更。これによりモーターの出力が10kWから15kWに高まった。出力のアップにより走行モードに「スポーツプラス」モードを追加。

パワーアップと同時に燃費も向上。JC08モードで22.8km/リットル(CVT車)から23km/リットルに引き上げた。
《ショーカーライブラリー》

特集