レクサス GS 新型、2.5リットルのハイブリッド追加か

モータースポーツ/エンタメ 出版物
レクサス・GS450h
  • レクサス・GS450h
  • 新型レクサスGSに小排気量ハイブリッド設定の可能性を伝えた英『AutoEXPRESS』
レクサスの最新作、新型『GS』。3.5リットルV6の「GS450h」グレードよりも小排気量エンジンを積むハイブリッドが、9月のパリモーターショー12でデビューする可能性が出てきた。

これは11日、英国の自動車メディア、『AutoEXPRESS』が報じたもの。同メディアは過去に、トヨタ自動車のレクサス本部製品企画主査の佐藤恒治氏(新型GS担当)の話として、「レクサスがCO2排出量を減らすための様々な研究開発を続けており、その中には小排気量のハイブリッドも含まれる」と伝えていた。その続報を明らかにしたのだ。

同メディアが独自ソースから得た情報によると、新グレードは「GS300h」を名乗り、2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合せたハイブリッドシステムは、新型『カムリ』や新型レクサス『ES』から流用するという。

主に、欧州市場では、BMW『5シリーズ』やアウディ『A6』のクリーンディーゼルに対抗する使命を負ったGS300hグレード。同メディアは、「9月のパリモーターショー12でデビューするだろう」とレポートしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集