【北京モーターショー12】ヴァレオ、駐車支援システムなどを出展

自動車 ニューモデル モーターショー
ヴァレオのブースイメージ
  • ヴァレオのブースイメージ
フランスの自動車部品メーカー、ヴァレオは23日に開幕した「北京モーターショー2012」で、駐車支援システムなど、主要5つの新技術を展示している。

「Park4U」は、縦列駐車とバック駐車ができる駐車支援システム。車両の両側にそれぞれ40cmのスペースがあれば、ドライバーのステアリング操作をサポートする。

またエアインテークモジュールでは、インテークマニホールドに水冷式インタークーラーを内蔵。出力を下げることなく、エンジンのダウンサイジングを可能としている。

そのほか、ハイビームで対向車を幻惑しない小型LEDライトやハイブリッドシステム、MTのスポーティさと、ATの快適さを同時にもたらす「ダブルドライクラッチトランスミッション」などを展示している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【北京モーターショー12】BYD、リモコンで運転できるクルマを公開 画像 【北京モーターショー12】BYD、リモコンで運転できるクルマを公開
  • 360度駐車支援システムを低価格車に…フリースケール、マイクロコントローラ開発 画像 360度駐車支援システムを低価格車に…フリースケール、マイクロコントローラ開発
  • ヴァレオが車載情報端末からスマートフォン機能を利用できる技術を開発 画像 ヴァレオが車載情報端末からスマートフォン機能を利用できる技術を開発
  • PIAA、ヴァレオのカー用品を販売へ 画像 PIAA、ヴァレオのカー用品を販売へ

特集

おすすめのニュース