トヨタ、WRC復帰を計画か…1.6リットル ターボ開発中

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
トヨタのWRC(世界ラリー選手権)復帰の可能性を伝えたWRC公式サイト
  • トヨタのWRC(世界ラリー選手権)復帰の可能性を伝えたWRC公式サイト
  • トヨタWRC、1998年
  • トヨタWRC、1998年
  • トヨタWRC、1997年
  • トヨタWRC、1995年
  • トヨタWRC、1975年
1999年をもって、WRC(世界ラリー選手権)から撤退したトヨタ自動車。そのトヨタが、WRCに復帰する可能性が出てきた。

これは、WRCの公式サイトが伝えたもの。同サイトのインタビューに応じたトヨタの欧州におけるモータースポーツ拠点、TMGの広報担当者は「中長期的な将来、トヨタがWRCに参戦することはあり得る」と話したという。

トヨタのWRC復帰の可能性を裏づけるのが、すでに公表された、モータースポーツ用の新エンジンの存在だ。TMGは3月末、排気量1.6リットルの直噴ガソリンターボエンジンを開発していると発表。このエンジンは市販車用がベースではなく、モータースポーツ向けに専用設計されたGRE(グローバル・レース・エンジン)と呼ばれるユニットだ。

このエンジン、まずは欧州仕様の『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)に搭載され、テストが行われる見込み。1.6リットルターボといえば、WRCの現行レギュレーションにぴたりと合致するだけに、今後のトヨタの動向に注目だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集