【ジュネーブモーターショー12】ドイツのグンペルト、アポロ エンレイジド発表…780psスーパーチャージャー

自動車 ニューモデル モーターショー
グンペルト・アポロ・エンレイジド(ジュネーブモーターショー12)
  • グンペルト・アポロ・エンレイジド(ジュネーブモーターショー12)
  • グンペルト・アポロ・エンレイジド(ジュネーブモーターショー12)
  • グンペルト・アポロ・エンレイジド(ジュネーブモーターショー12)
  • グンペルト・アポロ・エンレイジド(ジュネーブモーターショー12)
  • グンペルト・アポロ・エンレイジド(ジュネーブモーターショー12)
  • グンペルト・アポロ・エンレイジド(ジュネーブモーターショー12)
  • グンペルト・アポロ・エンレイジド(ジュネーブモーターショー12)
  • グンペルト・アポロ・エンレイジド(ジュネーブモーターショー12)
ドイツのGUMPERT(グンペルト)社は6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12において、『アポロ・エンレイジド』(ENRAGED)を初公開した。

GUMPERT社は、元アウディのモータースポーツ部門統括責任者、ローランド・グンペルト氏がドイツに設立。2004年、オリジナルスーパーカーの『アポロ』を発表した。同車は、宇宙船をイメージしたという独特のフォルムが特徴。最新モデルの『アポロスポーツ』は、ニュルブルクリンク北コースにおいて、7分11秒57というラップタイムを記録している。

アポロ・エンレイジドは、アポロをベースに、同社の公道走行が可能なモデルとしては、最強のパワーを与えたモデル。アウディ製をルーツとする4.2リットルV型8気筒スーパーチャージャーを専用チューン。最大出力は780psを引き出す。これはベースエンジンの650psから、130psのパワーアップを果たした計算だ。

軽量化を推進しているのも、アポロ・エンレイジドの特徴。乾燥重量は1175kgと、非常に軽量に仕上げられる。パフォーマンスデータは公表されていないが、780psのパワーとの組み合わせで、刺激的な走行性能を備えているのは間違いなさそう。

なおこのアポロ・エンレジド、ブラック、レッド、ブラックの3色で塗装されたボディは、ドイツ国旗がモチーフとなっている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ドイツからロータリー搭載のスーパーカー計画…MAX450km/hオーバー 画像 ドイツからロータリー搭載のスーパーカー計画…MAX450km/hオーバー
  • ロシア初のスーパーカー、マルシャが生産開始…0-100km/hは3.2秒 画像 ロシア初のスーパーカー、マルシャが生産開始…0-100km/hは3.2秒
  • 【フランクフルトモーターショー11】クロアチアから世界初のEVスーパーカー…MAX305km/h 画像 【フランクフルトモーターショー11】クロアチアから世界初のEVスーパーカー…MAX305km/h
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース