新生アポロ、ハイパーカーを10月24日発表予定…ティザーイメージ

自動車 ニューモデル 新型車
アポロ・インテンサ・エモツィオーネの予告イメージ
  • アポロ・インテンサ・エモツィオーネの予告イメージ
  • アポロ・インテンサ・エモツィオーネの予告イメージ
  • アポロ・インテンサ・エモツィオーネの予告イメージ
  • アポロ・インテンサ・エモツィオーネの予告イメージ
  • アポロ・インテンサ・エモツィオーネの予告イメージ
  • アポロ・インテンサ・エモツィオーネの予告イメージ
ドイツのスポーツカーメーカー、アポロオートモビル(旧グンペルト)は10月17日、新型ハイパーカーを10月24日に初公開すると発表した。

旧グンペルト社は2004年1月、元アウディのモータースポーツ部門統括責任者、ローランド・グンペルト氏がドイツに設立。同年、オリジナルスポーツカーの『アポロ』を発表した。アポロは、宇宙船をイメージしたという独特のフォルムが特徴。その進化形の『アポロスポーツ』は、ニュルブルクリンク北コースにおいて、7分11秒57というラップタイムを記録している。

しかし2012年8月末、グンペルト社は世界的な経済情勢の悪化による販売不振を理由に、破産を申請し、経営破綻。その後、2012年11月の破産手続き開始を経て、新たな出資者による新体制で事業を再開した。2016年1月、グンペルト社は、社名をアポロオートモビルに変更。同年3月のジュネーブモーターショー2016において、新型スーパーカー『アロー』を初公開し、復活を宣言した。

10月24日に発表されるのは、新生アポロにとって初のハイパーカー。車名は『インテンサ・エモツィオーネ』(IE)と決定した。ブガッティ『シロン』やアストンマーディン『ヴァルキリー』、メルセデスAMG『プロジェクト・ワン』などと同じ土俵に立つことを狙う。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破 画像 ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破
  • ケーニグセグ アゲーラ RS、シロン超えた…0-400-0km/h加速&急停止で世界新記録 画像 ケーニグセグ アゲーラ RS、シロン超えた…0-400-0km/h加速&急停止で世界新記録
  • 米ヘネシー、ハイパーカー F5 を開発…480km/h超え、シロン 凌駕を目指す 画像 米ヘネシー、ハイパーカー F5 を開発…480km/h超え、シロン 凌駕を目指す
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース