ダイムラー2011年通期決算…純利益は29%増

ダイムラーは9日、2011年通期の暫定決算を明らかにした。同社の発表によると、メルセデスベンツなどグループ全体の売上高は1065億ユーロ(約10兆9900億円)。前年同期の978億ユーロ(約10兆0920億円)に対して、8.9%の伸びを示した。

自動車 ビジネス 企業動向
世界的に販売好調なメルセデスベンツCクラス
  • 世界的に販売好調なメルセデスベンツCクラス
ダイムラーは9日、2011年通期の暫定決算を明らかにした。

同社の発表によると、メルセデスベンツなどグループ全体の売上高は1065億ユーロ(約10兆9900億円)。前年同期の978億ユーロ(約10兆0920億円)に対して、8.9%の伸びを示した。

一方、純利益は60億2900万ユーロ(約6220億円)と、過去最高を記録。前年実績の46億7400万ユーロ(約4820億円)に対して、29%もの増益となった。

2011年の世界新車販売台数(メルセデスベンツやスマート、商用車を含む)は、211万1100台。前年比は、11%増と好調だ。

ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長は、「自動車誕生125周年の記念すべき2011年に、素晴らしい結果を残した」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集