マツダ ロードスター 次期型…1トンを切る軽量ボディに1.5リットルターボか

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ・ロードスター(UK仕様)
  • マツダ・ロードスター(UK仕様)
  • 現行マツダ ロードスター
  • 次期ロードスターの詳細に迫った英『AUTOCAR』
  • マツダ・ロードスター(UK仕様)
  • マツダ・ロードスター(UK仕様)
マツダのオープンFRスポーツカー、『ロードスター』。その次期モデルに関して、興味深い情報をキャッチした。

これは英国の自動車メディア、『AUTOCAR』が報じたもの。同メディアがマツダ関係者から得た情報を元に、次期ロードスターの詳細に迫っている。

注目すべきは、軽量化の推進だろう。次期ロードスターでは、車両重量が1トンを切るという。これは現行比で15%もの軽量化にあたる。

また開発の初期段階では、駆動方式をFFに変更することも検討されていたようだが、その後、従来通りFR方式を貫く方向へと修正。新開発のFRプラットホームが与えられるとのことだ。

さらに、マツダの「SKYACTIV」テクノロジーも導入。エンジン排気量は1.5リットルへダウンサイジングされ、自然吸気版は最大出力が130ps程度。この後、よりパワフルなターボ版が追加されるという。

次期ロードスターは2012年3月、ジュネーブモーターショー12でのワールドプレミアが有力。スポーツカーファンにとっては、見逃せない1台となりそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集