【デトロイトモーターショー12】VWザ・ビートルにEVコンセプト…E-バグスター

自動車 ニューモデル モーターショー
フォルクスワーゲン・ザ・ビートルがベースのEVコンセプトカー、E-バグスター(デトロイトモーターショー12)
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルがベースのEVコンセプトカー、E-バグスター(デトロイトモーターショー12)
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルがベースのEVコンセプトカー、E-バグスター(デトロイトモーターショー12)
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルがベースのEVコンセプトカー、E-バグスター(デトロイトモーターショー12)
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルがベースのEVコンセプトカー、E-バグスター(デトロイトモーターショー12)
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルがベースのEVコンセプトカー、E-バグスター(デトロイトモーターショー12)
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルがベースのEVコンセプトカー、E-バグスター(デトロイトモーターショー12)
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルがベースのEVコンセプトカー、E-バグスター(デトロイトモーターショー12)
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルがベースのEVコンセプトカー、E-バグスター(デトロイトモーターショー12)
フォルクスワーゲンは9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー12に、コンセプトカーの『E-バグスター』(E-BUGSTER)を出品した。

E-バグスターは、新型『ザ・ビートル』のEVバージョンを提案したコンセプトカー。単にパワートレインをEV化しただけでなく、2005年1月のデトロイトモーターショーで披露された『ニュービートル』ベースのデザインスタディ、『ラグスター』をモチーフにした外観が特徴だ。

E-バグスターには、専用ルーフを採用。ザ・ビートルに対して全高は低められており、スポーティさが強調された。リアのクォーターウィンドウも廃されており、オープン2シーターの「スピードスター」のような雰囲気だ。

EVパワートレインは、モーターが最大出力114ps、最大トルク27.5kgmを発生。二次電池はリチウムイオンバッテリーで、車両後部にレイアウトされる。1回の充電での最大航続可能は、約160km。フォルクスワーゲンによれば、急速チャージャーを使うことで、30分で80%のバッテリー容量まで充電できるという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【デトロイトモーターショー12】日産 パスファインダー 新型…燃費は25%向上 画像 【デトロイトモーターショー12】日産 パスファインダー 新型…燃費は25%向上
  • 【フランクフルトモーターショー11】VW e-up! 詳細画像…EVは2013年登場 画像 【フランクフルトモーターショー11】VW e-up! 詳細画像…EVは2013年登場
  • テスラの4ドアEVスポーツ、モデルS…米国価格は実質4万9900ドルから 画像 テスラの4ドアEVスポーツ、モデルS…米国価格は実質4万9900ドルから
  • VW eT!…自動運転も可能な未来の商用EV 画像 VW eT!…自動運転も可能な未来の商用EV

特集