ルノー ルーテシア の限定車…Sはスポーティの意味

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー・ルーテシアS
  • ルノー・ルーテシアS
  • ルノー・ルーテシアS
  • ルノー・ルーテシアS
  • ルノー・ルーテシアS
  • ルノー・ルーテシアS
  • ルノー・ルーテシアS
  • ルノー・ルーテシアS
  • ルノー・ルーテシアS
ルノー・ジャポンは13日、“フレンチベーシックコンパクト”がコンセプトのルノー『ルーテシアS』を限定30台で発売した。

このモデルは、2010年にイギリスで発売を開始し、その後、世界各国で販売されているグレードで、“S”はスポーティさを表現しているという。

エクステリアの変更点は、サイドやルーフのデカールをはじめ、リアスポイラー、ホワイトトリム(ドアミラーやドアハンドル、16インチ専用ホイールなどでボディカラーがホワイトの場合はレッドとなる)など。

また、インテリアは、ロゴ入りスポーツシートやホワイトメーター、ホワイトセンターコンソールを採用し、スポーティさを演出している。

ボディカラーはエクストリームブルーM 、ブラングラシエ(白)、ルージュビフ(赤)の3色で、各色10台ずつの限定販売。価格は185万8000円。右ハンドルで5ドアのMTのみとなる。なお、走行性能に変更はない。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集