【CEATEC 11】シャープ、EVスマートパワーコンディショナを参考出品

自動車 ビジネス 企業動向

電力会社から購入した電力と、家屋に設置された太陽電池からの電力を状況に応じて使い分け、電気自動車(EV)に供給する
  • 電力会社から購入した電力と、家屋に設置された太陽電池からの電力を状況に応じて使い分け、電気自動車(EV)に供給する
  • シャープのEVスマートパワーコンディショナ
  • 一緒に展示されていた三菱『i-MiEV』
  • HEMSのデモ。タブレットやテレビに表示できる
  • 太陽電池パネル。最新のものは効率がかなり良いという
CEATECシャープブースでは、「EVスマートパワーコンディショナ」のモックアップが展示された。電力会社から購入した電力と、家屋に設置された太陽電池からの電力を状況に応じて使い分け、電気自動車(EV)に供給。停電時は逆にEVのバッテリーから電力を供給する。

EVからの給電については電力不足以後にクローズアップ。CEATECに出展し、太陽電池を扱う企業は太陽電池パネルとEV、そしてHEMS端末を並べているが、シャープもそのひとつ。

インテリジェントパワーコンディショナは自体は今年2月に発表しており、すでに実証実験も進められているが、CEATEC会場には「製品化した場合にはこうなるであろう」といった筐体のモックアップが三菱『i-MiEV』と一緒に展示されていた。

あくまでも参考出品ということであり、発売時期や価格などは未定となっている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集