MINIにクーペ…プロトタイプが姿を現す

自動車 ニューモデル 新型車
MINIクーペ プロトタイプ
  • MINIクーペ プロトタイプ
  • MINIクーペ プロトタイプ
  • MINIクーペ プロトタイプ
  • MINIクーペ プロトタイプ
  • MINIクーペ プロトタイプ
  • MINIクーペ プロトタイプ
  • MINIクーペ プロトタイプ
  • MINIクーペ プロトタイプ
BMWグループのMINIは6日、MINIに追加される『クーペ』のプロトタイプの画像を初公開した。

MINIクーペは、2009年秋のフランクフルトモーターショーに出品された『クーペコンセプト』の市販版。2シーターのスポーツクーペというMINIの新しい方向性を提案するモデルだ。

クーペコンセプトは、MINIのハッチバックをベースにしながら、トランク部分が張り出したクーペボディを採用。ボディサイズは全長3714×全幅1683×全高1356mm。MINIのハッチバック(全長3699×全幅1683×全高1407mm)と比較すると、約50mm低いシルエットが特徴だった。

今回、MINIが公表したオフィシャル写真は、MINIクーペの最終プロトタイプ。リア部分にカモフラージュが施されているが、新型の基本シルエットは確認できる。クーペコンセプトに対して、外観の細かい部分を市販に向けて変更しているのが目を引く。

MINIクーペは、2011年9月に開幕するフランクフルトモーターショーでワールドプレミア。MINIシリーズにとっては、ハッチバック、『クラブマン』、『コンバーチブル』、『カントリーマン』(日本名:『クロスオーバー』)に続く、第5のバリエーションだ。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース