【上海モーターショー11】世界最大規模の自動車ショーに、ついに痛車

自動車 ニューモデル 新型車
BYD FO痛車(上海モーターショー11)
  • BYD FO痛車(上海モーターショー11)
  • BYD FO痛車(上海モーターショー11)
  • BYD FO痛車(上海モーターショー11)
  • BYD FO痛車(上海モーターショー11)
  • BYD F0 痛車仕様(上海モーターショー11)
  • BYD F0 痛車仕様(上海モーターショー2011)
  • BYD F0 痛車仕様(上海モーターショー2011)
  • BYD F0 痛車仕様(上海モーターショー2011)
上海モーターショーのBYDブースで驚いたことは、ふたつ。ひとつはコピー車(BYD社といえばコピー車が定番だった)がほとんど見当たらなかったこと。そしてもうひとつは、痛車が並んでいたことだ。

『FO』というコンパクトカーをベースにしてカスタマイズされたこの痛車は、エアロパーツやアルミホイールを装着したうえでボンネットとドアに2次元のイラストを描いている本格派(!?)だ。

ピンクのカラーに「桜」や「風」といった文字まで書かれたイラストが、日本の痛車文化の影響を受けていることは間違いない。作り込みに若干物足りない印象を受けなくもないが、世界的モーターショーのブースに痛車が並んでいたことは、大きな衝撃である。

ちなみに記者は5日間の上海滞在で、街中で痛車を見かけたのは1度だけだった。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース