メルセデス世界販売、中国は80.4%増…3月実績

自動車 ビジネス 海外マーケット
Eクラス
  • Eクラス
  • Sクラス
  • Aクラス
  • Bクラス
  • Mクラス
ダイムラーは5日、メルセデスベンツ乗用車(スマートを含む)の3月世界セールスの結果を発表した。総販売台数は12万9622台。前年同月比は7.6%増と、17か月連続で前年実績を上回った。

ブランド別では、メルセデスベンツが前年同月比7.7%増の11万8357台。スマートは1万1265台を販売し、前年同月比は6.2%増と3か月連続で前年実績をクリアした。

また、今年第1四半期(1–3月)実績は、前年同期比12.4%増の30万5533台。メルセデスベンツブランドでは、『Eクラス』が引き続き人気で、1–3月は15.1%増の7万8570台をセールスした。2009年にマイナーチェンジを受けた『Sクラス』も、24.8%増の1万6869台と好調。『Mクラス』などのSUVシリーズは43.8%増の5万4958台を売り上げている。

市場別では、地元ドイツが前年同期比0.1%増の4万9318台と微増。一方、香港を含む中国は、78.2%増の4万2990台とドイツに迫る勢いだ。中国では3月、前年同月比80.4%増の1万5242台を登録した。

米国も1–3月は、前年同期比8.4%増の5万3346台と好調。ロシアは86.4%増、台湾は74.5%増、ブラジルは41.6%増、インドは37%増と、新興国を中心に大幅増を達成する。

ダイムラーのヨアヒム・シュミット販売担当副社長は、「多くの市場での成功は新型車投入の結果。2011年は販売新記録を樹立したい」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集