【大阪オートメッセ11】自然なパワーアップでスポーツカーらしさを高めた CR-Z

自動車 ニューモデル モーターショー

kansaiサービス CR-Z
  • kansaiサービス CR-Z
  • kansaiサービス CR-Z
  • kansaiサービス CR-Z
  • kansaiサービス CR-Z
  • kansaiサービス CR-Z
  • kansaiサービス CR-Z
  • kansaiサービス CR-Z
  • kansaiサービス CR-Z
奈良県にある「Kansaiサービス」は大阪オートメッセ2011にて、同社のカーボンパーツをまとった『CR-Z』を2台展示。

CVT、6速MTモデルに、それぞれに合わせた出力を発揮するスーパーチャージャーを搭載。エンジンのパワーアップが走行性能の向上につながるCR-Zのハイブリッドシステムを活かしたチューニングを施していた。

メカニックの福島孝昌さんによると、搭載されたスーパーチャージャーは遠心式。一般的なギア式スーパーチャージャーに比べ、作動音が極めて静かで、なおかつ機器がコンパクトという利点があるという。そのためエンジンルームはスッキリまとまっている。

このチューニングにより、走行時のパワー感は「これが本来あるべきCR-Z」と思えるほどナチュラルで、過給器による違和感は全くないとのことだ。純正の物足りなさを解消し、よりスポーツカーらしい走りが楽しめるため、多くのユーザーから高評価を得ているという。

会場では、人気のあるハイブリッドスポーツカーのチューニングとあって、多くの来場者が興味を持ってそのエンジンルームを覗き込んでいた。
《萩野公慈》

編集部おすすめのニュース

特集