高速道路無料化「実施できる計画を長期的に」 大畠新国交相

自動車 社会 行政
撮影=中島みなみ
  • 撮影=中島みなみ
「私は議員になる前、ものづくりの世界で原子力プラントの設計者をやって来た。そこではどんなに図面に完璧なものを出しても、現場で加工できない図面とか材料が揃わないような図面では、ものはできない」

大畠章宏新国交相は14日の就任会見で、高速道路無料化についての意見を記者に問われ、その実現性を自らの経験と重ねた。

「予算がたくさんあればそういうこと(※無料化)になるが、非常に財政が財政が厳しいことは事実。その厳しさを踏まえて、現実問題はやらなきゃいけない。基本方針は基本方針としながらも、利用者、関係者、専門家の意見ををふまえてやらなければ、どんなに理想的なものを掲げても前に進まない」

それらの意見を集約して「実施できるような計画を長期的に渡ってやるべき」と、述べた。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

  • 国交相に大畠章宏前経産相 菅再改造内閣 画像 国交相に大畠章宏前経産相 菅再改造内閣
  • 【高速道路新料金】馬淵国交相「一瞬にして無料化ではない」 画像 【高速道路新料金】馬淵国交相「一瞬にして無料化ではない」
  • 【高速道路新料金】渋滞ワースト1は京都丹波道路---無料化半年 画像 【高速道路新料金】渋滞ワースト1は京都丹波道路---無料化半年
  • 【新聞ウォッチ】菅内閣の“たらい回し”、仏滅改造 画像 【新聞ウォッチ】菅内閣の“たらい回し”、仏滅改造

特集