富士通とボーイング、戦略的協業…航空機の整備

自動車 ビジネス 企業動向

 富士通と米ボーイング社(The Boeing Company)は17日、航空機の整備業務を効率的に行う「AIT(Automated Identification Technologies:自動認識技術)整備サービス」を共同で開発・推進することに合意したことを発表した。

 「AIT整備サービス」は、航空機の部品や装備品、機材などにAITデバイスを取り付け、整備プロセスにおけるデータを自動的に収集することで部品適用状況や在庫状況を管理でき、航空機材の効率的な運用を可能にするサービス。「RFID」や「CMB」(Contact Memory Button)などのAITを活用するもので、本サービスの導入によって、航空会社は、手作業によるデータ入力ミスの削減や、最適な在庫管理によるコスト削減が可能になる見込み。

 富士通は、AIT整備サービスに関わるAITタグ、リーダー、ミドルウェア、システムインテグレーション、導入サービスなど全世界共通のIT基盤をボーイングに提供し、ボーイングは航空会社の要求や運用環境に合わせたAIT整備サービスの提供、さらにAITからのデータを活用した航空会社業務全体のソリューションを視野に入れた長期計画を立案する。

 ボーイングは2012年第1四半期(2012年1月~3月期)より、航空会社向けに本サービスの提供を開始。またサービス開始に先立ち、先行導入する航空会社とともに、プロセス検証、技術検証、性能試験の3段階で実証実験を行う。またボーイング製以外の航空機にも適用を目指す。

富士通とボーイング、航空機の整備業務サービスで戦略的協業を締結

《冨岡晶@RBBTODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集