パナソニックの電動アシスト自転車、業界最大容量のバッテリー 2011年モデル

自動車 ニューモデル モビリティ

リチウムビビEX(BE-ENE)
  • リチウムビビEX(BE-ENE)
  • リチウムビビDX(BE-END)
  • リチウムビビDXスペシャルデザイン(BE-ENDS)
  • リチウムビビSS(BE-ENS)
  • リチウムビビNX(BE-ENNX)
  • リチウムビビ・タフネス(BE-ENL)
  • リチウムビビSSシティ(BE-ENK)
パナソニック サイクルテックは、12アンペアアワーのリチウムイオンバッテリーを搭載した『リチウムビビ・EX』など2011年モデルの電動アシスト自転車を12月6日から順次発売する。

業界最大容量で従来モデルと比べて約1.2倍に増量した12アンペアアワーのリチウムイオンバッテリーを搭載したリチウムビビ・EXのほか、バッテリー容量を約1.6倍に増量した『リチウムビビ・DX』などが2011年モデルとなる。

バッテリーの容量増加により電動の航続距離を伸ばし、走行途中のバッテリー切れや充電の手間を軽減する。また、スタート時から中速域までの間、ペダルを漕いだ際に発生するモータのアシスト機能がよりスムーズでなめらかになるようプログラムを変更している。

2011年モデルはバッテリー容量を拡大しながら価格は据え置く。リチウムビビ・EXは税込み13万2000円、リチウムビビ・DXは税込み10万6000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集