【マツダ プレマシー 新型発表】i-stop 搭載車が販売の8割…月販目標の4倍

自動車 ニューモデル 新型車
プレマシー
  • プレマシー
  • プレマシー
  • プレマシー
  • プレマシー
  • プレマシー
  • プレマシー
マツダは5日、7月1日に発売した新型『プレマシー』の累計受注台数が発表後1か月で月販目標1800台の約4倍にあたる7240台を受注したと発表した。

受注台数に占めるアイドリングストップ機構「i-stop(アイストップ)」搭載車(20E、20Sの2WD車)の比率は80%を占めた。

顧客層は、30~40代のファミリー層が中心で、「NAGARE」(流れ)デザインを採用した外観や、アイドリングストップ機能、シートアレンジ、運転のしやすさなどが好評としている。

グレード別ではスポーティな外観とi-stop、ディスチャージヘッドランプなどを装備する「20S(2WD)」が受注全体の55%を占め、一番人気となっている。

外板色では「アルミニウムメタリック」が人気が最も高く、次いで「クリアウォーターブルーメタリック」、「クリスタルホワイトパールマイカ」が続く。

メーカーオプション装備では、受注したうちの85%が「電動スライドドア」を選択しており、「バックカメラ」の装着率も45%だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダ プレマシー 新型発表】i-stopはやさしさでできている 画像 【マツダ プレマシー 新型発表】i-stopはやさしさでできている
  • 【ホンダ フリードスパイク 発表】発売1か月で1万台を受注…車中泊ブーム効果か 画像 【ホンダ フリードスパイク 発表】発売1か月で1万台を受注…車中泊ブーム効果か
  • 三菱、軽キャンパー市場に参入…本格装備で車中泊需要にアピール 画像 三菱、軽キャンパー市場に参入…本格装備で車中泊需要にアピール
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース