ホンダ インサイト、英国で一部改良

自動車 ニューモデル 新型車
インサイト 英国向け改良モデル
  • インサイト 英国向け改良モデル
  • インサイト 英国向け改良モデル
  • インサイト 英国向け改良モデル
英国ホンダは19日、『インサイト』の改良モデルを発表した。サスペンションの設定を変更し、乗り心地やハンドリング、スタビリティなどを向上。インテリアのクオリティアップも図っている。

現行インサイトは2009年2月に登場。これまで目立った改良は受けていない。英国向けインサイトの今回の改良は、サスペンションのチューニング見直しが最大のテーマ。ホンダによると、初期に購入したユーザーやメディアの声を反映したものだという。

従来モデルとの違いは、スプリングレート、リアのキャンバー角、リアサスペンションのブレース&マウントと多岐に渡る。これらの変更により、乗り心地、ハンドリング、スタビリティ、NVH性能が引き上げられた。

また、最上級グレードとして、「EX」を追加。ブラックレザー内装、DVDサテライトナビゲーション、ハンズフリーシステムなどを標準装備する。

さらに全車が、ダッシュボードとシートの色合いを変更。プラスチック素材の見直しやエアヴェント周囲へのクロームリング追加、ドア内側へのシルバーガーニッシュ採用により、質感を高めている。

インサイトの英国価格は、1万6325ポンド(約217万円)から。9月末までは、1万4995ポンド(約199万円)の特別価格を適用中だ。なお、同様の改良が日本仕様にも施されるかどうかに関して、ホンダは現時点で明らかにしていない。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース