ヒュンダイ米国法人、トヨタから人材を取り返す

自動車 ビジネス 企業動向
マイケルJオブライエン氏を商品&経営企画担当副社長に起用
  • マイケルJオブライエン氏を商品&経営企画担当副社長に起用
ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは6月29日、マイケル・J・オブライエン氏を商品&経営企画担当副社長に起用すると発表した。

オブライエン氏は1987‐1996年の10年間、ヒュンダイで商品企画やマーケティングを担当。しかし1996年、米国トヨタ販売にヘッドハンティングされ、トヨタではコーポレートマネージャーを務めていた。

今回、ヒュンダイはオブライエン氏を、商品&経営企画担当副社長として、再び迎え入れる人事を発表。トヨタからオブライエン氏を、14年ぶりに奪い返した形だ。

ヒュンダイモーターアメリカのジョン・クラフシック社長兼CEOは、「オブライエン氏が戻ってきてくれてうれしい。彼はヒュンダイの米国戦略に、重要な役割を果たすだろう」と述べている。

米国では、自動車メーカー間のヘッドハンティングは日常的。最近では今年3月、北米日産が日産ブランドのマーケティング担当副社長として、ヒュンダイからジュエル・イワニック氏を引き抜いている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 北米日産がヒュンダイからヘッドハンティング---マーケティング部門 画像 北米日産がヒュンダイからヘッドハンティング---マーケティング部門
  • GM、北米マーケティング担当に北米日産の副社長が就任 画像 GM、北米マーケティング担当に北米日産の副社長が就任
  • 「フィアットよさらば」グループ社長の辞任続く 画像 「フィアットよさらば」グループ社長の辞任続く
  • 【新聞ウォッチ】狙われた米トヨタ幹部、また引き抜き 画像 【新聞ウォッチ】狙われた米トヨタ幹部、また引き抜き

特集