日産ゴーン社長、報酬は8億9000万円…株主総会

自動車 ビジネス 企業動向
ゴーン社長(23日:定時株主総会)
  • ゴーン社長(23日:定時株主総会)
  • リーフとゴーン社長(2009年11月の米国初公開時)
  • 日産マーチとカルロス・ゴーン社長
日産自動車のカルロス・ゴーン会長兼社長は23日開かれた定時株主総会で、2010年3月期の報酬額が8億9000万円だったと明らかにした。

今年から金融庁が上場企業に対し、有価証券報告書に報酬1億円以上の役員の氏名や金額を記載する個別開示を義務付けたことを受けて、株主の質問に答えた。

日産自動車の10年3月期の取締役12名の報酬総額は16億9200万円(うち社外取締役2名に200万円)で、社内取締役一人当たりの平均は1億6900万円。09年3月期の取締役10名の報酬総額25億8100万円(うち社外取締役1名に200万円)と比べると報酬総額は34%減であった。

ちなみに、トヨタ自動車の取締役38名の報酬総額は14億2600万円(1人当たり3752万円)だ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集