[動画]フォーカス RS500、ヒルボネン選手がニュルを攻める

自動車 ニューモデル 新型車

フォーカスRS500を試すWRCのミッコ・ヒルボネン選手(画像は動画キャプチャー)
  • フォーカスRS500を試すWRCのミッコ・ヒルボネン選手(画像は動画キャプチャー)
  • フォーカスRS500を試すWRCのミッコ・ヒルボネン選手(画像は動画キャプチャー)
  • フォーカスRS500を試すWRCのミッコ・ヒルボネン選手(画像は動画キャプチャー)
  • フォーカスRS500を試すWRCのミッコ・ヒルボネン選手(画像は動画キャプチャー)
  • フォーカスRS500を試すWRCのミッコ・ヒルボネン選手(画像は動画キャプチャー)
  • フォーカスRS500を試すWRCのミッコ・ヒルボネン選手(画像は動画キャプチャー)
欧州フォードは5月28日、フォードのWRCドライバー、ミッコ・ヒルボネン選手がドイツ・ニュルブルクリンクで、『フォーカスRS500』に試乗する映像を公開した。

フォーカスRS500は、現行フォーカスRSのファイナルモデルとして設定された限定車。フォーカスRSをベースに、フォードのWRC部門「フォードチームRS」とそのパートナー、レボルブテクノロジー社が、数々の専用チューンを施した。同社はフォード公認のチューニングパーツ を、「Mountune」ブランドとしてリリースしている。

ハイライトは、2.5リットル直列5気筒ターボエンジン。専用コンピューター、大容量インタークーラー、大型エアフィルター、大口径エグゾースト、専用燃料ポンプなどのチューニングを実施し、最大出力350ps/6000rpm、最大トルク46.9kgm/2500 - 4500rpmを引き出す。フォーカスRS比で、45ps、2kgmの性能アップを果たしており、歴代フォーカスで最強のスペックだ。

トランスミッションは6速MT。フォーカスRS500は、0 - 100km/h加速が0.3秒短縮して5.6秒、最高速が2km/h向上して265km/hと、FFのハッチバック車としては、世界最高峰の動力性能を実現する。

フォーカスRS500は、今年3月末に欧州で受注を開始したが、限定500台は、わずか12時間でスピード完売。この最強のフォーカスを、フォードWRCのミック・ヒルボネン選手がテストした。ドイツ・ニュルブルクリンクを攻める映像は、動画共有サイトで見ることができる。



《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集