スバル インプレッサ、プロドライブ仕様がデビュー10周年

自動車 ビジネス 企業動向
インプレッサ P1
  • インプレッサ P1
  • インプレッサ P1
英国プロドライブ社とスバルが共同開発し、英国で限定1000台を発売した『インプレッサ P1』。9日、そのデビュー10周年イベントが行われ、100台を超えるインプレッサ P1が集結した。

インプレッサ P1は、1999年の英国モーターショーで、今は亡きWRC(世界ラリー選手権)ドライバー、リチャード・バーンズ選手によって披露。初代『インプレッサ WRX』の2ドアクーペをベースに、プロドライブ社がエンジンや足回り、エアロダイナミクスなどをチューンしたコンプリートカーだ。

2000年、インプレッサP1は限定1000台を英国発売。1000台は瞬く間に完売した。ボディカラーは、すべて専用のソニックブルー。P1はプロドライブの名を冠した、唯一のロードカーとして知られる。

そのデビュー10周年イベントが9日、英国オックスフォードシャー州バンベリーのプロドライブ本社で開催。100台以上のインプレッサP1が集結した。他のインプレッサを含めると300台以上、総勢1000人以上の熱気で包まれた。

デビューから10年を経ても、インプレッサ P1の「伝説」は、まだまだ健在なようだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • [動画]歴代最速のWRX STI、スバル インプレッサ 画像 [動画]歴代最速のWRX STI、スバル インプレッサ
  • 【ニューヨークモーターショー10】インプレッサ STI、4ドアの理由はサーキットスピード 画像 【ニューヨークモーターショー10】インプレッサ STI、4ドアの理由はサーキットスピード
  • スバル インプレッサWRX STIのコスワース仕様を発表 画像 スバル インプレッサWRX STIのコスワース仕様を発表

特集