途中無充電1000km、EVで世界記録に挑戦…日本EVクラブ

エコカー EV
到着! 記録555.6km(写真:日本EVクラブ)
  • 到着! 記録555.6km(写真:日本EVクラブ)
  • 到着! 記録555.6km(写真:日本EVクラブ)
  • 到着! 記録555.6km(写真:日本EVクラブ)
  • 到着! 記録555.6km(写真:日本EVクラブ)
日本EVクラブは22日、電気自動車(EV)で途中充電をせずに1000km走る世界記録に挑戦する。1000kmを完走するには約25時間かかり、22日の午前11時にスタートし、途中でドライバー交替を行ないながら23日の正午頃ゴールする予定。

これまでEVの途中無充電世界記録は、公道を走ったものとして米国テスラー社の『EVロードスター』による501km(09年10月27日)、日本EVクラブの『ミラEV』による555.6km(09年11月17日)がある。今回のチャレンジはサーキットを使用するなどカテゴリーが異なるが、途中無充電555.6kmを超える世界新記録として、日本EVクラブはこの挑戦をギネスに申請する予定。

チャレンジは、筑波サーキットに併設されたオートレース選手養成所のオーバルコース1周689mの周回路を時速40kmの一定スピードで走るというもの。オーバルコースの一定走行には、スピードメーター、電流計、白線の3つをしっかり見なければならず、集中力と忍耐力が求められという。

チャレンジに使用する車両は、市販のエンジン車をEVに改造した日本EVクラブ製作によるミラEV。電池は、パソコンなどに使用されるリチウムイオン電池8320本を搭載、電池の重量は360kgとなる。

日本EVクラブでは、今回のチャレンジによりEVの航続距離の可能性を示すことで、EVに夢と希望を持ってもらいたいとのこと。なお、サーキットへの一般入場は受け付けていないが、チャレンジ当日のようすは、特設サイトでtwitterとユーストリームにて実況中継を実施する予定だ。

●ミラEVチャレンジ1000特設サイト
http://www.jevc.gr.jp/miraev1000km/
《》

編集部おすすめのニュース

  • ドイツのプリンス、MINI EVでニュル24時間参戦 画像 ドイツのプリンス、MINI EVでニュル24時間参戦
  • [つくば低炭素]東京アールアンドデー、デミオのEV仕様を3台納車 画像 [つくば低炭素]東京アールアンドデー、デミオのEV仕様を3台納車
  • [静かすぎる対策]EV/HVに音を付けてみました 画像 [静かすぎる対策]EV/HVに音を付けてみました
  • 【北京モーターショー10】日本企業とのEV協業で未来を拓くIAT 画像 【北京モーターショー10】日本企業とのEV協業で未来を拓くIAT

特集