【日産 リーフ 予約開始】パソコンや携帯電話とは次元が違う

自動車 ニューモデル 新型車
リーフと同クラスガソリン車との比較
  • リーフと同クラスガソリン車との比較
  • リーフに採用されるEV用ITシステム。カーウイングスとは別物
  • 志賀俊之COOとリーフ
  • リーフとガソリン車との違いについて説明するマーケティング担当の片桐隆夫氏
4月1日から予約受付けを開始した日産『リーフ』。同社グローバル本社(横浜市)で30日に行なわれた会見では、「リーフと同クラスのガソリン車に対して同等の支払額」という点を数値表を用いてアピールしていた。しかしこれは両車ともひと月に1000km走る環境で6年間使用し続けた場合での話だ。

6年間、バッテリーは交換しなくていいのか? 携帯電話やパソコン、白物家電などと同じようにとらえて聞くと、会見で日産関係者は「それらとは次元が違う」と前置きしてこう答えてくれた。

「リーフのバッテリーの寿命については、5年間使用して容量が80%程度、10年間使用で70%の容量を維持しているはずだろうと試算している」(同社関係者)

さらにリーフに搭載される「EV専用ITシステム」の通信料についても、我々の携帯電話の通信料と同じように考えてしまう。

同社が新規に設置したグローバル・データ・センターを活用し、さまざまなドライブ情報を提供するシステムだが、「通信料については、5 - 6年ぶんの通信費を含めて車両本体価格を決定している」と同社関係者は説明していた。

通信料などは数年後にどうなるかわからないが、携帯電話などと違い、「現時点は“通信費コミコミ価格”の車両本体価格となっています」ということらしい。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • 日産、パーマー常務執行役員がバッテリービジネスを統括 画像 日産、パーマー常務執行役員がバッテリービジネスを統括
  • NECトーキン、EV・HV向けリチウム電池事業で新会社設立 画像 NECトーキン、EV・HV向けリチウム電池事業で新会社設立
  • ナノオプトニクス・エナジー藤原社長「鳥取県には環境エネルギー革命がある」 画像 ナノオプトニクス・エナジー藤原社長「鳥取県には環境エネルギー革命がある」

特集