ジープのTweet-to-Winコンテスト、ファイナリスト5名を公表

自動車 ビジネス 海外マーケット
ラングラー アイランダー(画像はデトロイトモーターショー10)
  • ラングラー アイランダー(画像はデトロイトモーターショー10)
クライスラーグループは23日、ジープブランドの公式Twitterページにおいて、先週から実施中の「Tweet-to-Win」コンテストのファイナリスト5名を公表した。Twitterを使った自動車プレゼント企画は、自動車メーカーとしては初の試みだ。

Tweet-to-Winコンテストは、ジープに関するさまざまなトリビアクイズ。米国在住者なら、ジープのTwitterページを通じて自由にコンテストに参加でき、18 - 22日の5日間、実施された。そして23日、トリビアクイズで最も高い正答率を達成した5名がアナウンスされた。

クライスラーは4月1日、5名をニューヨークモーターショーの会場へ招待。特設のサンドボックス中から、金色の「Tiki Bob」を発見した人に、米国で販売が開始されたばかりの特別仕様車、ジープ『ラングラー・アイランダー』がプレゼントされるという仕掛けだ。

ジープブランドのマイク・マンレー社長兼CEOは、「このコンテストは、ジープと顧客のユニークな双方向コミュニケーション」と、語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース