パーク24、大阪府立駐車場の10か所の管理者に…充電器整備も

自動車 ビジネス 企業動向
「タイムズ」を運営するパーク24は、大阪市立駐車場10か所の指定管理者として指定を受けた。4月1日からサービスを開始する。新たにEV充電インフラの設置、デッドスペースを活用した自動二輪用駐車場を開設するなど、利用者へのサービス向上を図りながら利用を促進していく。

指定管理者制度は、地域住民サービスの向上や経費の削減を目的にした制度で、大阪市でも市政改革の一環として、大阪市立駐車場の効率的な管理運営を実施する。

同社は2007年4月以降、「大阪市立西横掘駐車場」、「大阪市立本町地下駐車場」で、2008年5月からは「大阪市立新大阪駅南第2駐車場」の指定管理者としてそれぞれ管理運営してきた。さらに、2010年度以降の指定管理者の事業者選定で、同社は、これまでの管理実績や利用者への利便性の高いサービス提案などが評価され、3駐車場に7駐車場を加えた10か所の大阪市立駐車場で指定管理者として選定された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • パーク王、新規駐車場3か所開設 豊島区駒込など 画像 パーク王、新規駐車場3か所開設 豊島区駒込など
  • 池田警視総監、駐車監視員制度導入の功罪に答える 画像 池田警視総監、駐車監視員制度導入の功罪に答える
  • 日本駐車場1月中間期決算…最高益 カーシェアリングなど積極的 画像 日本駐車場1月中間期決算…最高益 カーシェアリングなど積極的
  • 【井元康一郎のビフォーアフター】チャデモ、世界標準への壁と存在意義 画像 【井元康一郎のビフォーアフター】チャデモ、世界標準への壁と存在意義

特集

おすすめのニュース