【ホンダ CR-Z 発表】CR-X の後継なのか?

自動車 ニューモデル 新型車
CR-Z
  • CR-Z
  • CR-X初代(1983年)
  • CR-Z
  • CR-Z 2代目(1987年)
  • CR-Z
  • CR-Zの開発責任者、友部了夫さん
2月25日に発表されたホンダ『CR-Z』が“あのクルマ”に似ていると思えるのは記者だけではないだろう。あのクルマとは、かつてホンダが発売していた『CR-X』である。果たして、CR-ZはCR-Xの後継モデルなのだろうか?

そんな疑問に対して、「CR-Xは人気のあった車種ですし、いろんな雑誌でも(CR-Xの後継と)書かれていますよね」と笑いつつも「新しいCR-Xを作ろうとしたつもりはありませんし、まったく意識していません」と否定するのは開発責任者である本田技術研究所主任研究員の友部了夫(ともべのりお)さん。

しかし……。コンパクトなボディにワンモーションフォルムの躍動的なデザイン、そしてエクストラウインドウを組み合わせることでスパッと切り落としたテールエンドはCR-Zの特徴であると同時にCR-Xの特徴。それからコンパクトボディの4シーターでありながら、居住性は無視してドライバーを車体の中央付近に座らせるパッケージングなんかもCR-X譲りだ。

「ホンダの中には“スポーツカーはライトウェイト”というのが根底にあるのです。だから、小さなスポーツカーを作ろうとホンダが考える要素を組み合わせた結果として、似た存在になってしまったということでしょうね」

新しいスポーツカーのCR-Zとしてこのクルマを選ぶ人にとっては、20年以上前のモデルであるCR-Xの血が流れている否かなんてどうでもいいことではある。しかし、かつてスポーツモデルに熱狂したオヤジ世代にとっては、かつての人気モデルにノスタルジィを感じるのも自然なことだ。そして、かつてのモデルとの関連性があればいっそうの親近感を覚えることになる……のだが。

ちなみにデザインに関しては「一部CR-Xをモチーフにした部分もあります」(友部さん)とのこと。なんだ、やっぱり。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

  • 【ジュネーブモーターショー10】ケーニグセグ、新スーパーカー発表…MAX395km/hオーバー 画像 【ジュネーブモーターショー10】ケーニグセグ、新スーパーカー発表…MAX395km/hオーバー
  • モリスピードの住鉱、「オングス」でオイル添加剤に再参入 画像 モリスピードの住鉱、「オングス」でオイル添加剤に再参入

特集