[動画]ガヤルド バルボーニ の痛快サウンド&ドリフト!

自動車 ニューモデル 新型車
ガヤルド LP550-2 Valentino Balboni(バレンティーノ・バルボーニ)の試乗レポート画像
  • ガヤルド LP550-2 Valentino Balboni(バレンティーノ・バルボーニ)の試乗レポート画像
  • ガヤルド LP550-2 Valentino Balboni(バレンティーノ・バルボーニ)の試乗レポート画像
  • ガヤルド LP550-2 Valentino Balboni(バレンティーノ・バルボーニ)の試乗レポート画像
  • ガヤルド LP550-2 Valentino Balboni(バレンティーノ・バルボーニ)の試乗レポート画像
  • ガヤルド LP550-2 Valentino Balboni(バレンティーノ・バルボーニ)の試乗レポート画像
  • ガヤルド LP550-2 Valentino Balboni(バレンティーノ・バルボーニ)の試乗レポート画像
ランボルギーニが2009年7月に発表した『ガヤルド』の限定車、「LP550-2 Valentino Balboni(バレンティーノ・バルボーニ)」。デンマークの自動車メディア、『Bil Magasinet』は、同社の伝説的テストドライバー、バレンティーノ・バルボーニ氏による試乗レポートを、動画共有サイトで公開した。

バレンティーノ・バルボーニ氏は1967年、ランボルギーニへ入社。エンジニアとしての才能や高いドライビング技術を創業者のフェルッチオ・ランボルギーニ氏に見出され、1973年、テストドライバーに起用される。その後、バルボーニ氏はすべてのランボルギーニ車の開発に携わり、その類稀なる感性が、『ミウラ』、『カウンタック』、『ディアブロ』など、数多くの名車を生んできた。

しかし、そんなバルボーニ氏も40年以上に渡るランボルギーニ社でのキャリアに終止符を打ち、定年退職を迎えることに。ガヤルドの限定車、LP550-2 バレンティーノ・バルボーニは、同氏の偉大な功績に敬意を表して設定されたモデルだ。単に特別装備を奢っただけでなく、バルボーニ氏の走りへのこだわりが随所に貫かれているのが特徴である。

ベース車は『ガヤルドLP560-4』だが、その最大の違いは駆動方式。フルタイム4WDは後輪駆動に変更された。これは軽量化とハンドリングの自在度を引き上げるのが目的だ。そのチューニングには、バルボーニ氏のノウハウが如何なく発揮された。

トランスミッションは、リアアクスル直前に置くトランスアクスルレイアウトを採用し、リアアクスルのLSDも新開発。さらに、ダンパー&スプリング、スタビライザー、タイヤなど、あらゆる面のチューニングが見直された。ESPも専用チューンで、標準モードはスタビリティ重視、「コルサ」モードではドリフトなど自由自在のコントロールが楽しめる仕様とした。

エンジンは5.2リットルV型10気筒だが、ガヤルドLP560-4よりも10psデチューンされ、最大出力は550ps。それでも2WD化によって、車両重量が120kg軽い1380kgとなった効果もあり、0-100km/h加速3.9秒、最高速320km/hと、LP560-4に迫る卓越したパフォーマンスを実現する。トランスミッションは6速MTが標準で、6速2ペダルMTの「eギア」はオプション。カーボンセラミックブレーキも設定される。

LP550-2 バレンティーノ・バルボーニは、限定250台を生産。日本での価格は2640万円からだが、すでに完売した。バルボーニ氏のランボルギーニに対する熱い思いと、華麗なドラテク&痛快なV10サウンド満載の映像は、動画共有サイトで見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ジュネーブモーターショー10】ケーニグセグ、新スーパーカー発表…MAX395km/hオーバー 画像 【ジュネーブモーターショー10】ケーニグセグ、新スーパーカー発表…MAX395km/hオーバー
  • [動画]アウディ A1 をDTMドライバーが試す! 画像 [動画]アウディ A1 をDTMドライバーが試す!
  • 日産 GT-R vs サイオン tC…ドリフト対決! 画像 日産 GT-R vs サイオン tC…ドリフト対決!

特集