プジョーコネクト 独自テレマティクスの進化版を4月導入

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
独自のテレマティクス「プジョーコネクト」は、4月から欧州で207と308にオプション設定される(写真は207)
  • 独自のテレマティクス「プジョーコネクト」は、4月から欧州で207と308にオプション設定される(写真は207)
  • 308CC
  • RCZ
  • iOn
プジョーは18日、4月から欧州10か国で、独自のカーテレマティクスシステム「プジョーコネクト」を導入すると発表した。

プジョーコネクトでは、緊急時に自動通報を行う「プジョーコネクトSOS」、車両故障の際に自動連絡を行う「プジョーコネクトアシスタンス」、法人ユーザー向けの「プジョーコネクトフリート」の3種類のサービスを提供する。

最初にプジョーコネクトを採用するのは、『207』と『308』で、4月からオプション設定。専用機器の価格は、290ユーロ(約3万6000円)だ。さらに、年内発売予定の新型『RCZ』と三菱『i-MiEV』のOEM版、『i0n』には、プジョーコネクトが標準装備される。

すでにプジョーは2003年から、ナビゲーションシステムの「WIP」を通じて、緊急通報サービスを実施。これまでに40万台の車両に導入され、約3500人がサービスを利用した。このうち、約2000人は自動通報サービスだったという。今回のプジョーコネクトは、この進化版に当たる。

プジョーは、「欧州におけるカーテレマティクス分野のリーディングカンパニーを目指す」と、意気込みを語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース