ルノー メガーヌCC 新型、ガラスルーフのオープンカー

自動車 ニューモデル 新型車
ルノーメガーヌ クーペカブリオレ
  • ルノーメガーヌ クーペカブリオレ
  • ルノーメガーヌ クーペカブリオレ
  • ルノーメガーヌ クーペカブリオレ
  • ルノーメガーヌ クーペカブリオレ
  • ルノーメガーヌ クーペカブリオレ
  • ルノーメガーヌ クーペカブリオレ
  • ルノーメガーヌ クーペカブリオレ
  • ルノーメガーヌ クーペカブリオレ
ルノーは5日、『メガーヌ』の4シーターオープン、『クーペカブリオレ』(日本名:『グラスルーフカブリオレ』)の新型モデルを発表した。

新型も現行型で好評のガラスルーフを継承。屋根全体をガラスで覆うことで、高い爽快感を実現する。もちろん、このガラスルーフは開閉可能。スイッチ操作によって21秒でクーペとオープンが切り替えられる。ガラスルーフは2分割されて、トランクに収納される。

ハイグロスブラックとサテンエフェクトクロームを散りばめたボディによって、メガーヌシリーズ随一のプレミアム感を表現。ダークレンズにLEDを配したテールランプも、他のメガーヌシリーズにはない専用装備だ。

ダッシュボードはメガーヌシリーズと共通だが、素材の見直しなどにより、質感がアップ。「バタフライウイング」と呼ばれるドアトリムは、クーペカブリオレ専用だ。内装トリムは、ライトベージュ、ダークチャコール、チャコールの3種類。ツートンレッドのレザーシートも選択できる。

トランク容量は、ルーフの状態により、クローズ時が417リットル、オープン時が211リットル(いずれもVDA計測法)。後席にディフレクターを取り付けることで、約90km/hまでキャビンへの風の巻き込みは抑えられる。フロントウインドスクリーンを現行比で60mm前方へ移動することで、乗降性に配慮しているのも見逃せない改良点だ。

エンジンはガソリン、ディーゼルの合計7ユニット。日本への導入が見込まれる2.0リットル直4ガソリンは、最大出力140psを発生する。ディーゼルは、すべてユーロ5の排出ガス基準を満たす。

トランスミッションは6速MTが標準で、6速EDC(エフィシエント・デュアル・クラッチ)はオプション。2.0リットルガソリンは、CVTが用意される。ボディ剛性は、現行比で約80%向上。新開発の電動パワーステアリングも導入された。

新型グラスルーフカブリオレは、3月2日に開幕するジュネーブモーターショーで正式発表。欧州では今春から販売がスタートする。生産は『セニック』『グランセニック』と同じ、フランス・ドゥエ工場が担当する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • [動画]ルノー ウインド、12秒でオープンカーに変身 画像 [動画]ルノー ウインド、12秒でオープンカーに変身
  • テスラ ロードスター、右ハンドル車登場 画像 テスラ ロードスター、右ハンドル車登場
  • BMW 3シリーズ クーペとカブリオレがイメージチェンジ 画像 BMW 3シリーズ クーペとカブリオレがイメージチェンジ

特集