【デトロイトモーターショー10】フィアット 500 のEV仕様、初公開

自動車 ニューモデル モーターショー
フィアット 500 BEV
  • フィアット 500 BEV
  • フィアット 500 BEV
  • フィアット 500 BEV
  • フィアット 500 BEV
  • フィアット 500 BEV
フィアットは11日、デトロイトモーターショーのクライスラーブースにおいて、フィアット『500BEV』を披露した。『500アバルト』とともに、2台のフィアット500がクライスラーブースを飾った。

BEVとは、バッテリー・エレクトリック・ビークルの略。500BEVは、フィアット500をベースに開発されたEVである。

クライスラーは今回のデトロイトモーターショーで、プレスカンファンスを実施しなかった。そのためメーカー発の資料がなく、この500BEVの詳細は不明だ。

見た目では、ボンネットにEV関連の電装品が収まっており、室内はメーターやシフトレバーが専用デザインとなっているのが確認できる。

関係者によると、フィアットは現時点で、500BEVの実証テストや市販を計画していないという。車両の開発はクライスラーのEV研究部門、ENVIの流れを汲むスタッフが担当。クライスラーは2009年11月、経営方針の転換によりENVIを解散していたが、それまで培われたノウハウが、500BEVの開発に生かされているもようだ。

フィアット500のライバル、MINIは、EVバージョンの『MINI E』の市販に向けて、米国、ドイツ、英国で実証実験を開始。フィアット・クライスラー連合は、EVの開発でさらなる遅れを取ってしまうのだろうか……。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース