【ホンダ アクティトラック 新型発表】一発で曲がれるかどうか

自動車 ニューモデル 新型車
アクティ・トラック新型
  • アクティ・トラック新型
  • アクティ・トラック新型
  • アクティ・トラック新型
  • アクティ・トラック新型
  • アクティ・トラック新型
  • アクティ・トラック新型
ホンダ『アクティ・トラック』が10年ぶりにフルモデルチェンジした。

この軽トラックのユーザーは50歳代以上が7割を占める。そこで「メーターの文字を大きくしてわかりやすくしたり、ボタンなど操作系をドライバーに近づけて集約しました」と日本営業本部営業開発室商品ブランドブロックチーフ、平手秀樹さんは語る。

またキャブオーバーレイアウトになった利点は多い。「従来型はフロントタイヤが運転席の前にありましたが、今回後ろにしたことで足元が広くなりました。ドア足掛け開口部の改良により、狭くて足をひっかけたり膝をぶつけてしまう要因をなくすなど、レイアウトをかなり見直しました」。

これまでもマイナーチェンジをして対応できるものはしてきたが、居住性の向上や小回り性に関してはフルモデルチェンジでないと改善できなかったという。「不満の声も高く、今回は“底”の部分を重点的に見直しました。これらの個所は購入時のお客様の重視度としても高かったのです」。

しかし、新型はフロントオーバーハングが長くなった結果、ウォール・トゥ・ウォールでの小回り性(ボディでの回転半径)では不利になるのではないだろうか。「確かに厳しくなりますが、この車ではタイヤ位置での小回りが大事なのです。障害物に当たるかどうかではなくて、狭い農道を一発で曲がれるかどうかが問題なのです」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • 【2009年の10大ニュース座談会】その1…記者推薦、今年の大事件 画像 【2009年の10大ニュース座談会】その1…記者推薦、今年の大事件
  • スズキ鈴木会長「軽自動車市場、2010年はマイナス続く」 画像 スズキ鈴木会長「軽自動車市場、2010年はマイナス続く」

特集

おすすめのニュース