ポルシェ、リチウムイオンバッテリーをオプション設定

自動車 ニューモデル 新型車

リチウムイオンバッテリー
  • リチウムイオンバッテリー
  • 911 GT3
  • 911 GT3RS
  • ボクスター スパイダー
ポルシェは、欧州向けの『911GT3』『911GT3 RS』『ボクスタースパイダー』の3車種に、軽量コンパクトなリチウムイオンバッテリーをオプション設定した。

リチウムイオンバッテリーは、EVやハイブリッド車の2次電池として注目を集めている。しかし、ポルシェが用意するリチウムイオンバッテリーは、通常のバッテリーと同じく、エンジンスターター用のバッテリー。その目的は、軽量化によって運動性能を高めることにある。

すでにポルシェは、コンマ1秒を競うモータースポーツ車両に、リチウムイオンバッテリーを搭載。そのノウハウを生かし、市販車の911GT3、911GT3RS、ボクスタースパイダーの3車種に、リチウムイオンバッテリーをオプション設定した。

このバッテリーは長さと幅は通常バッテリーと変わらないが、高さは70mm低い。通常の60Ahバッテリーと比較すると、重量は10kg軽い。「この10kgがサーキットなどで、運動性能に与える影響は大きい」というのがポルシェの考えだ。

リチウムイオンバッテリーは2010年1月から、欧州向けの前述3車種に、1904ユーロ(約25万円)でオプション設定。2月からは既納ユーザーに対する後付け品も発売され、こちらは2499ユーロ(約33万円)となる。ポルシェは「スターターバッテリーにリチウムイオンを採用した最初の自動車メーカー」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集