【東京モーターショー09】スバル ハイブリッドツアラー…車が人に合わせるインテリア

自動車 ニューモデル モーターショー
スバル・ハイブリッドツアラー
  • スバル・ハイブリッドツアラー
  • スバル・ハイブリッドツアラー
  • スバル・ハイブリッドツアラー
  • スバル・ハイブリッドツアラー
  • スバル・ハイブリッドツアラー
  • スバル・ハイブリッドツアラー
スバルが将来のグランドツーリングカーとして提案する『ハイブリッドツアラーコンセプト』。

インテリアは「4つ特等席、そしてそこに座った人の気持ちになった時に、最上の移動時間を感じてもらえるような配慮をしています」とスバル商品企画本部デザイン部、板野龍仁さんは話す。

そして、「むしろこのクルマは4つの座席から形作って行ったといってもおかしくない」という。

「まず運転席は人が色々シートを動かしたりハンドルを操作して合わせるのではなくて、所有者だったり奥さんだったり座った人を感知して、ペダルも動くしステアリングも動く。センターにあるフローティング状のコンソールユニットも、ドライバーに合わせて動きます」。つまり、人がクルマに合わせるのではなくて、クルマが人に合わせるのだ。

また他の乗員に対しても、「今回ガルウィングをやっています。このおかげで、非常にパノラミックで継ぎ目のないサイドウィンドウは、後席に座った人からすると景色が途切れないのです。例えば、新幹線とかクルーザーとか一見クルマでないものに乗って移動しているかのようなそういうフィーリングを感じてもらえると嬉しい」。そして長い時間移動する楽しさを随所で感じてもらいたいという。

そのウインドウに関して、「ガラスも少し色のついたものになっていますが、ジョギングやサイクリングをやるような時に使うスポーツサングラスの意味合いなんです。長い時間運転すると目の疲れというのもあるので、太陽光線の波長をガラスでうまくコントロールできないかと考えました」。

最後に、「4つの座席それぞれに空調機能を持たせて、蒸れないのは当然ですが、適度に冷房効果、暖房効果などを乗員に応じて施せるようにしています」と究極のグランドツアラーとして室内環境にこだわり抜いたことを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース