日産車体、中間期業績見通しを上方修正…輸出台数増加

自動車 ビジネス 企業動向
ウイングロード
  • ウイングロード
  • セレナ
日産車体は、2009年9月中間期の連結決算業績見通しの上方修正を発表した。

売上高は1560億円を予想していたが1778億円となる見通し。当初計画に対して、エコカー減税の対象となる『セレナ』や『ウイングロード』、輸出向け『ピックアップ』などの売上台数が増加しているため。

合理化効果もあって営業損益は27億円の赤字から93億円の黒字、経常損益は48億円の赤字から79億円の黒字にそれぞれ上方修正した。

中間期損益は48億円の赤字から34億円の黒字となる見通し。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース