新車販売、補助金効果で2か月連続プラス…9月販売

自動車 ビジネス 企業動向
日本自動車販売協会連合会が発表した9月の新車販売台数(軽除く)は、前年同月比3.5%増の32万1737台と2か月連続で前年を上回った。エコカー減税やエコカー補助金の効果で代替えが進んだ。ただ、依然として商用車が不振で全体の伸び率は低い。

車種別では、乗用車が同9.2%増の29万4228台と2か月連続でプラスとなった。このうち、普通乗用車が同14.2%増の13万7450台と2ケタのプラスだった。小型乗用車は同5.1%増の15万6778台だった。

トラックは同34.1%減の2万6401台と依然として大幅マイナスが続いている。普通トラックは同39.0%減の9980台、小型トラックが同30.7%減の1万6421台だった。

バスは同24.5%減の1108台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【新聞ウォッチ】トヨタ揺らぐ「足元」、米で大量リコール騒動 画像 【新聞ウォッチ】トヨタ揺らぐ「足元」、米で大量リコール騒動
  • トヨタ、期間従業員の採用数を1600人に倍増…入社は10月から 画像 トヨタ、期間従業員の採用数を1600人に倍増…入社は10月から
  • トラック・バス用 超偏平スタッドレスタイヤ…ミシュランが発売 画像 トラック・バス用 超偏平スタッドレスタイヤ…ミシュランが発売

特集