【ソニーnav-u】測位性能はフルナビに匹敵

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【ソニーnav-u】測位性能はフルナビに匹敵
  • 【ソニーnav-u】測位性能はフルナビに匹敵
  • 【ソニーnav-u】測位性能はフルナビに匹敵
  • 【ソニーnav-u】測位性能はフルナビに匹敵
ソニー製PND「nav-u」としては初のフルモデルチェンジとなった『NV-U75V』だが、従来機よりも大幅な性能向上を遂げたのは測位性能。GPSとジャイロ、加速度センサーの組み合わせによる「POSITION plus GT」搭載により、フルナビに近い測位性能を発揮する。

一般的なPNDはGPSに加え、加速度センサーから概算した速度で現在地を把握する仕組みになっている。GPSによる移動距離から割り出した速度と、センサーが検出した加速度をプラスする方式のため、走れば走るほど誤差が大きくなるという欠点があった。

NV-U75Vから採用されたPOSITION plus GTでは、3軸加速度センサーからクルマの移動速度を直接算出。これにGPSとジャイロセンサー(上下、左右の2方向)のデータを加えることで、フルナビで採用されているパルス測定に匹敵する測位性能を得た。高架下やトンネル内など、GPS衛星からの情報をキャッチできない場所でも自車位置を表示し続けるようになっている。

地図データについては、メモリーが8GB容量となったことで、データを提供するゼンリンが持つすべての市街詳細地図エリアに対応。エリア数は1335となっている。面積比でいうと昨秋発売された『NV-U3』の約10倍となる。市街詳細図の非対応地域であっても、道路幅が地図に反映されるようになり、こうした面でもフルナビに近い使い勝手となった。

また、渋滞統計情報データを有しており、渋滞予測を反映した状態でルートの検索かできるほか、別売のVICSビーコンユニットをプラスすることで、動的な渋滞回避も可能となっている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集