ホンダ米国インディアナ工場…南米向け シビック 輸出開始

自動車 ビジネス 企業動向

米国ホンダは21日、インディアナ州グリーンズバーグ工場から『シビック』の南米&メキシコ向け輸出を開始した。

インディアナ工場は、ホンダにとって北米における7番目の4輪車組み立て拠点。2008年11月に稼動し、『シビックセダン』と天然ガス仕様の『シビックGX』を生産している。同工場製のシビックは、すでに5万台以上が米国内で販売されたが、今回初めて、米国外へ輸出されることになった。

輸出先はメキシコのほか、南米&カリブ海沿岸諸国の合計22か国。ホンダオブマニュファクチャリングインディアナの上ノ原勇三社長は、「グリーンズバーグ工場のアソシエーツ(従業員)の高い生産品質が、世界で評価されることになるだろう」と自信を見せる。

シビックの今年1‐8月の米国セールスは、19万1790台で前年同期比は26.7%減。しかし8月に限れば、スクラップインセンティブの効果で、前年同月比49.6%増の4万3294台と回復した。インディアナ工場からの輸出は、工場の稼働率確保の狙いもありそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集