【ソニーnav-u】スタンダードクラスのPNDをフルモデルチェンジ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【ソニーnav-u】スタンダードクラスのPNDをフルモデルチェンジ
  • 【ソニーnav-u】スタンダードクラスのPNDをフルモデルチェンジ
  • 【ソニーnav-u】スタンダードクラスのPNDをフルモデルチェンジ
ソニーは18日、同社製PND「nav-u」シリーズの新機種として、4.8V型モニターとワンセグチューナーを装備する『NV-U75V』を発表した。発売は10月31日で、予想価格は6万5000円前後となる。ワンセグを省いた『NV-U75』もラインナップされており、こちらの予想価格は5万5000円前後とされる。

同社は画面サイズ別に3モデルのPNDを発売しているが、今回発表されたNV-U75は昨秋に発表された4.8V型モニターを備えたスタンダードクラス(NV-U3)の後継機種で、シリーズ初のフルモデルチェンジとなった。

地図データ用のメモリ容量は、DVDナビに匹敵する8GBとなった。また、これまで感圧式だったタッチパネルは、携帯電話やPDAで主流となっている静電容量式に変更された。従来モデルよりも軽いタッチで、確実に操作することが可能となっている。

ワンセグチューナーを内蔵したNV-U75Vは、ワンセグ番組を視聴するだけでなく、別売のメモリースティックDuoへ録画できるようになった。また、同社製のブルーレイレコーダーと組み合わせれば、解像度の高い映像を視聴することができる。こちらはチューナー無しモデルでも対応している。

この他、徒歩ナビとしての使用に便利な電子コンパスの内蔵や、Bluetooth機能を搭載してケータイとの連携を可能とするなど、フルナビに遜色ない内容となっている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集