マツダ、水素ロータリー車を広島県と広島市にリース販売

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ、水素ロータリー車を広島県と広島市にリース販売
  • マツダ、水素ロータリー車を広島県と広島市にリース販売
マツダは、ハイブリッドシステムを搭載し、水素を燃料として走行する水素ロータリーエンジン車『プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド』を、広島県と広島市にそれぞれ1台ずつ納入した。

同社の水素ロータリーエンジン車の実用化は、2009年5月に岩谷産業へ第1号車を納入して以来、累計リース販売台数は3台になった。

また、広島県と広島市へは、2006年4月にも水素ロータリーエンジン車『RX-8ハイドロジェンRE』をリース販売しており、今回の納入が2車種目となる。

プレマシー・ハイドロジェンREハイブリッドは、RX-8ハイドロジェンREで開発した水素とガソリンの両方を燃料に使えるデュアルフューエルシステムに加え、ハイブリッドシステム(電気モーター)を採用することで走行性能を向上、水素での航続距離も2倍の200kmを実現している。

ただ、水素ロータリーエンジン車を開発しているのは世界の自動車メーカーでもマツダだけで、環境対応車として浸透する可能性はゼロに等しく、広島県と広島市が税金を使って利用することに疑問の声もあがりそうだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集