【トヨタ ランドクルーザープラド 新型発表】安定性と走破性を向上

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ ランドクルーザープラド 新型発表】安定性と走破性を向上
  • 【トヨタ ランドクルーザープラド 新型発表】安定性と走破性を向上
  • 【トヨタ ランドクルーザープラド 新型発表】安定性と走破性を向上
  • 【トヨタ ランドクルーザープラド 新型発表】安定性と走破性を向上
  • 【トヨタ ランドクルーザープラド 新型発表】安定性と走破性を向上
  • 【トヨタ ランドクルーザープラド 新型発表】安定性と走破性を向上
  • 【トヨタ ランドクルーザープラド 新型発表】安定性と走破性を向上
  • 【トヨタ ランドクルーザープラド 新型発表】安定性と走破性を向上
  • 【トヨタ ランドクルーザープラド 新型発表】安定性と走破性を向上
トヨタ自動車は、『ランドクルーザープラド』をフルモデルチェンジし、9月14日から発売した。

4代目となる新型車は、ランドクルーザーが築き上げてきた、過酷な使用条件下での走破性・信頼性などの高い基本性能を引き継ぎながら、世界170以上の国や地域で利用されているプラドの魅力であるオフロード・オンロードでの快適な走行性能を進化させ、ユーティリティを徹底的に追求することで「いつでもどこへでも行ける安心感と快適性を備えたクルマ」として開発を目指した。

伝統のフルフレーム構造を改良、ボディ剛性のアップにより、乗り心地を向上するとともに、キネティックダイナミックサスペンションシステム(KDSS)やクロールコントロールの採用で、市街地・高速での走行安定性と悪路走破性とを高次元で両立を図った。

オフロードの走行環境に応じ、駆動・制動の制御をスイッチ操作で切り替え可能な「マルチテレインセレクト」に加え、車載カメラの映像から周囲の路面状況を確認できる世界初の「マルチテレインモニター」を設定し、ドライバーのサポート機能の充実を図った。さらに、4:2:4分割可倒式としたセカンドシートに、足元スペースを広げるスライド機構・3列目への乗降性を高めるウォークイン機構(助手席側)を採用してユーティリティの向上を図った。5:5分割可倒式サードシートには、スイッチ操作でシートを自動で格納・復帰可能な電動フロア格納機構を採用した。

月販目標は1000台で、生産は日野自動車の羽村工場。価格は315万 - 475万円となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集