三菱 i-MiEV…2010年度分 900台を受注、個人客も順調

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車は10日、7月31日から全国の販売会社で受け付けている電気自動車『i-MiEV』の2010年度分購入希望台数が、8月末現在で900台となったと発表した。

i-MiEVは、7月から自治体や法人を中心にデリバリーを開始し、2009年度予定分である約1400台の全数をすでに受注している。2010年度分については、自治体や法人からの購入希望に加え、個人向けにも販売する予定。
 
現在までに購入を希望している個人の顧客は、全国各地の幅広い世代で、複数台保しているユーザーが多いことからも、i-MiEVをセカンドカーとして、仕事や買い物、通勤、身近なレジャーなど、幅広い用途での活用を想定している模様。
 
また、「環境に優しいこと」「電気自動車の話題性」や「先進性に興味を持ったこと」に加え、「自宅で充電できるから」という利便性や「燃費や維持費の安さ」などの経済性にも期待を寄せていることなどが主な購入理由となっている。
 
2009年度予定分については、7月23日から順次デリバリーを開始しているが、8月31日時点でのデリバリー台数が387台と順調。

三菱は、i-MiEVの利用者から「加速や静粛性の良さ」といった実用性に関する評価に加え、「営業現場の会話のキッカケとして役立っている」、「社員のモチベーションが高まった」など“意外なEV効果”があったとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集