アルファ 8Cコンペティツィオーネ…官能的なサウンド

モータースポーツ/エンタメ 出版物

アルファ 8Cコンペティツィオーネ…官能的なサウンド
  • アルファ 8Cコンペティツィオーネ…官能的なサウンド
  • アルファ 8Cコンペティツィオーネ…官能的なサウンド
  • アルファ 8Cコンペティツィオーネ…官能的なサウンド
  • アルファ 8Cコンペティツィオーネ…官能的なサウンド
  • アルファ 8Cコンペティツィオーネ…官能的なサウンド
英国BBC放送の人気TV番組『Top Gear』(トップギア)は、アルファロメオ『8Cコンペティツィオーネ』のフルテストの模様を放映した。

8Cコンペティツィオーネは、2006年10月のパリモーターショーでデビュー。フィアットやマセラティの最新技術を駆使して完成したFRスポーツカーで、その美しいフォルムが多くのファンを魅了した。

フロントミッドシップに置かれるエンジンは、マセラティ『グラントゥーリズモS』と基本的に共通の4.7リットルV8。最大出力450ps/7000rpm、最大トルク47.9kgm/4750rpmを発生する。6速セミATはトランスアクスルにレイアウト。軽量なカーボン製ボディのおかげで車重は1575kgに抑えられ、0-100km/h加速4.2秒、最高速250km/h(リミッター作動)の動力性能を発揮する。

世界限定500台は、瞬く間に完売。日本には70台が上陸し、価格は2259万円だった。2008年3月のジュネーブモーターショーでは、オープン版の『8Cスパイダー』(世界500台限定)がデビューを飾っている。

歴代アルファで、最も熱いパフォーマンスを秘めた8Cコンペティツィオーネ。そのフルテストの様子は、動画共有サイトで見ることができる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集