シルバーウィークの渋滞、ゴールデン並みを予想するが…不安

自動車 社会 行政

東/中/西日本高速道路(NEXCO3社)と本州四国連絡高速道路(JB本四高速)は、9月の大型連休時期(19日 - 27日の9日間)の、高速道路での渋滞予測と対策をとりまとめた。ゴールデンウィーク(GW)並みに渋滞が多く発生すると予測している。

休日特別割引による影響で、GWおよびお盆には交通量が増加している。このように利用動向が例年と異なることが予想され、例年では渋滞が発生しなかった箇所でも発生する場合がありそう、と道路各社は警戒する。

ピーク時の渋滞長が50kmに及ぶ渋滞は、19日9時00分をピークに中国道下り、宝塚東TN付近を先頭に名神高速にかけて、20日7時00分をピークに関越道下り、花園IC付近を先頭に、22日15時00分をピークに中央道下り、土岐IC付近を先頭に、それぞれ予想される。

道路会社では渋滞予測情報を活用し、出発時刻を渋滞が予測される時間帯の前後にずらすなど、分散利用を呼びかけている。
《高木啓》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品