ボルボ、C70をマイナーチェンジ…フルモデルチェンジに近い変貌

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ、C70をマイナーチェンジ…フルモデルチェンジに近い変貌
  • ボルボ、C70をマイナーチェンジ…フルモデルチェンジに近い変貌
  • ボルボ、C70をマイナーチェンジ…フルモデルチェンジに近い変貌
  • ボルボ、C70をマイナーチェンジ…フルモデルチェンジに近い変貌
  • ボルボ、C70をマイナーチェンジ…フルモデルチェンジに近い変貌
  • ボルボ、C70をマイナーチェンジ…フルモデルチェンジに近い変貌
  • ボルボ、C70をマイナーチェンジ…フルモデルチェンジに近い変貌
  • ボルボ、C70をマイナーチェンジ…フルモデルチェンジに近い変貌
  • ボルボ、C70をマイナーチェンジ…フルモデルチェンジに近い変貌
ボルボカーズは1日、欧州仕様の『C70』にマイナーチェンジを施した。前後マスクを大幅に変更し、モデルチェンジしたかのような変貌を遂げている。

現行C70は、2005年9月のフランクフルトモーターショーでデビュー。クーペとオープンが簡単に切り替えられる電動メタルルーフを装備した4シーターオープンカーである。ルーフの開閉には油圧ポンプと電動モーターを使用し、全自動の約30秒で完了。ルーフはトランクに3分割されて、スムーズに収納される。

デビューから4年を経たマイナーチェンジは、大がかりな規模で行われた。とくに前後マスクを一新したのがポイントだ。

フロントマスクは、ボルボが今年1月のデトロイトモーターショーで披露した『S60コンセプト』や、中型SUVの『XC60』との関連性をイメージさせるもの。バンパー、ヘッドランプ、グリル、フェンダーなど、ほぼすべての構成部品を変更し、新世代ボルボの表情を作り出す。リアもバンパーやテールランプを一新。テールランプにはLEDが使用された。

インテリアは素材を吟味し、クオリティの向上を実現。インパネはワイド感や滑らかさを追求した新デザインだ。シートの形状も見直され、着座感が引き上げられた。

定評ある安全性に関しては、横転時のリスクを減らすROPS(ロールオーバープロテクションシステム)、ドア内蔵カーテンエアバッグ、サイドエアバッグなど、万全の備えを見せる。

ガソリン3機種、ディーゼル2機種の合計5エンジンに変更はない。ガソリンは「2.4」グレードが、2.4リットル直5(140ps、22.4kgm)、「2.4i」グレードが2.4リットル直5(170ps、23.5kgm)、「T5」グレードが2.5リットル直5ターボ(230ps、32.6kgm)。ディーゼルは、「2.0D」グレードが2.0リットル直4ターボ(136ps、32.6kgm)、「D5」グレードが2.4リットル直5ターボ(180ps、40.8kgm)となる。

駆動方式はFFで、トランスミッションはグレードによって、5速または6速MT、5速または6速ATを用意。2.0Dグレードは、欧州複合モード燃費16.66km/リットル、CO2排出量158g/kmという優秀な環境性能をマークする。

新しいC70は、15日に開幕するフランクフルトモーターショーで正式発表。欧州では2010年初頭から販売がスタートする。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集